【圧倒的】メルカリ 値下げ交渉・コツ・やり方について。例文も含めて紹介

メルカリ
本サイトではアフィリエイト広告を掲載しており、ページ内で紹介したサービス・商品を申し込むと収益が発生し一部が当サイトに支払われる場合があります。

今回はメルカリの値引き交渉について紹介します。

 

メルカリでは商品を購入する際に値引き交渉が良く行われます。実際のフリーマーケットと同じように、売る人と買う人が互いに納得すれば値引き交渉が成立し、お得に商品を購入する事が可能です。値引き交渉はコツとマナーさえおさえておけば意外と簡単です。

メルカリ 値下げ交渉コメント画面

 

スポンサーリンク
  1. こんな人にオススメです
  2. メルカリの値引き交渉とは?
  3. 【購入者】値引き交渉する方法
    1. プロフィールか出品物の説明で値下げ対応可能と記載している人を狙う
    2. 出品してからしばらく売れていない商品はねらい目
    3. まとめ買いをして値下げを交渉
    4. セット販売の欲しい物だけをお願いして値下げを依頼をする
    5. 最初は値下げの幅を大きめに言うことで値下げを依頼する
    6. 必ず高評価をつけると値引きをお願いする
    7. 相手の出品目的を確認して値引きのお願いをする
    8. 過去売っている商品の価格を見て値下げしている人を狙う
    9. 出品している商品の価格が高い物を交渉する
    10. 返信が来たらすぐ返事をすること
      1. コメントの通知設定の方法
  4. 出品者へ値引き交渉コメントをする際の注意点
    1. 謙虚な気持ちで値下げをお願いする
    2. 具体的な金額を提示する
    3. 個人情報はコメントしない
    4. 出品者のプロフィールページを確認する
    5. リクエストは購入前にする
  5. 値引き交渉のコメント例文
    1. 例文1:商品自体の値引きをお願いする例文
    2. 例文2:まとめ買いをする事で値引きをお願いする例文
    3. 例文3:セット販売は欲しい物だけをお願いして値下げを依頼をする
    4. 例文4:継続的な顧客になる旨を伝え、値引きをお願いする例文
    5. 例文5:必ず高評価をつけるのでと、値引きをお願いする例文
    6. 例文6:他の出品価格との比較で値引き交渉をする例文
    7. 例文7:値引き交渉後しばらく売れていない場合に再度交渉する例文
    8. 例文8:相手の出品目的を確認して値引きのお願いをする例文
    9. 例文9:箱無しにした場合で値引きのお願いをする例文
    10. 例文10:所有ポイントで清算するため、値引きをお願いするコメント
    11. 例文11:もう一度値下げ交渉をしてみる場合のコメント
    12. 例文8:相手の出品目的を確認して値引きのお願いをする例文
  6. 値引き交渉されたらどうする?
    1. 出品者側の値引きのメリットとデメリット
  7. 値引き対応する場合の例文
    1. 例文1.値引き額が難しい場合は値引き額を調整する
    2. 例文2.値引き額が難しい場合は、他の商品を提案する
    3. 例文3.値引きをする条件を提案する
    4. 例文4.気持ちだけ値下げする
    5. 例文5.相手から具体的な金額提示がない場合
  8. 値引きを断る場合の例文
    1. 値引きコメントがひどい場合
  9. 値引き交渉をされるのがめんどくさい場合
  10. 値引き交渉が成功した後の購入の仕方
  11. 値引き交渉以外に安く購入する方法
    1. キャンペーンやクーポンを利用する
    2. 狙っている商品をフォローかいいね!をしておく
    3. コメントのやり取りが苦手なら「希望価格の登録機能」を使う
      1. 「希望価格の登録機能」でできること
  12. 禁止事項
  13. まとめ

こんな人にオススメです

・今まで値引き交渉に挑戦したことがない人
・値引き交渉をしても失敗ばかりしてしまう人
・もっと値引きを上手にしていきたい人
・自分が出品者の場合に、値引き交渉された時どうするかわからない人
・安く商品を購入したい人

 

メルカリの値引き交渉とは?

値引き交渉とは、商品の購入を検討している人が、出品者に商品の値引きをお願いすることです。

メルカリでは商品ページのコメント機能を使ってやり取りを行います。値下げに応じるかどうかは出品者が決めることができます。

 

【購入者】値引き交渉する方法

値下げ交渉はやり方を間違えると、出品者の気分を害してしまいます。値下げしてもらえないだけでなく、ブロック設定をされてしまい、商品を定価で購入することすらできなくなる可能性もあります。なるべく失敗をしないように以下で、値引き交渉の方法を紹介します。

プロフィールか出品物の説明で値下げ対応可能と記載している人を狙う

プロフィールか出品物の説明で値下げ対応可能と記載する人は狙い目です。

値下げ対応可能と記載されている方は、値下げ対応してでも売る気があり、柔軟に対応してくれます。

なので、なにもプロフィールか出品物の説明に値下げ対応可能の記載がない人よりかは狙い目です。

出品してからしばらく売れていない商品はねらい目

 季節商品などで冬なのにまだ夏服が残っていたなどは、値引きを狙える可能性ありです。
 出品者は早く売りたい気持ちがあります。値引きの狙い目です。

欲しい商品があれば、出品者の欲しい商品チェックして、前回の欲しい商品を見た時の価格と価格の変更があれば、それはチャンスです。

 

まとめ買いをして値下げを交渉

1つの商品で値下げをお願いするよりは、まとめ買いをする方が値下げ交渉のチャンスありです。

理由は出品者もまとめ買いをされれば、その分得をするからです。まとめ買い交渉をして、浮いた送料分程度の値引きをしてもらいましょう。

また出品者の立場から見たまとめ買いのメリットとしては、梱包や発送の手間が省けるという点と利益が商品2つ以上から得られるという点です。

商品を一つ一つ購入されるとそれぞれ梱包して発送しなければなりませんが、まとめ購入をしてくれると一度の梱包と発送で済むため非常に楽です。
2つ以上欲しい商品があれば、まとめ買いをすることで値下げ検討をしてもらえる可能性が多いにあります。

セット販売の欲しい物だけをお願いして値下げを依頼をする

メルカリの出品されている物で、セット販売されて出品している物があります。

その中で、欲しい物だけを値下げ交渉する方法です。

当然セット販売価格なので、単品購入の場合は値下げして貰える可能性が充分に考えられます。

 

セット販売例
・漫画本
・上下セットの洋服

 

最初は値下げの幅を大きめに言うことで値下げを依頼する

営業手法でドアインザフェイスというものがあります。

最初に大きなお願いごとをすることで、小さなお願いごとを聞いてもらえる方法です。例えば、5,000円値引きを依頼をして断られたら、3,000円値引きをお願いするみたいな方法です。

ただ、あり得ない額の値下げ幅の依頼は禁止されていますので、注意しましょう。

必ず高評価をつけると値引きをお願いする

フリマアプリでは、購入後に出品者に対して評価をつけるシステムがあります。これはメルカリ内での出品者と購入者で問題が起こらないようにするシステムです。

評価が高い人は、商品や対応に問題がなく、信頼ができます。購入者に安心してもらいやすく、商品購入されやすくなります。

なので、高評価をつける事を前提に値引き交渉をしましょう。

 

相手の出品目的を確認して値引きのお願いをする

相手の出品している商品の出品目的を確認して値引きをお願いしましょう。
例えば、「引っ越しを控えていて早く処分したい為」や「全く使用していなく少しでもお金になれば良いと思い」などは値引きチャンスです。

相手もメリットになる事なので、値引き依頼をしてみましょう。

過去売っている商品の価格を見て値下げしている人を狙う

メルカリ出品者の過去の売った商品を見てみましょう。その売っている金額が相場より低い価格で売っていたら、値下げ交渉の余地があります。

通常出品する時は、相場価格を参考に価格を取り決めます。

なので、それよりも低い価格で売っていたら、価格交渉が入った可能性があるため値下げ交渉が成功する確率は高いです。

出品している商品の価格が高い物を交渉する

メルカリでは、数百円から数十万と様々な商品が出品されています。

なので、価格交渉をする時は価格が高い物がねらい目になります。数百円の物を値下げすると出品者も低単価での少ない利益になりますので、値下げがしにくいです。

ある程度、値下げが可能な幅を持つ高単価の商品(数千円以上)を狙った値下げ交渉をする方が、成功する可能性は高いです。

 

返信が来たらすぐ返事をすること

値引き交渉を開始して、返信がきたらすぐに返事をしましょう。時間がたってしまうと出品者の気が変わってしまう可能性があります。

さらにメルカリでは、自分がいいね!した商品が一定額以上値下げされたときにお知らせを受信することができます。

なので、返信が遅いと同じ商品を狙っている方が購入してしまう可能性もあります。

できれば数時間での返信。遅くても1日以内に返信しましょう。

いいね!が少ない商品を狙う事も値下げ後の購入確率を上げられる可能性があります。

コメントの通知設定の方法

メルカリでコメント通知設定を以下の方法でしておきましょう。

メルカリ通知設定

 

メルカリのアプリで「お知らせ・機能設定」を設定しましょう。

①メルカリの「マイページ」タブからお知らせ・機能設定をタップします。

➁「コメント」や「いいね!した商品の値下げ」「いいね!した商品へのコメント」をオンにします。

➂スマホ端末の「設定」​でメルカリの通知がオンになっているかどうかを確認します。

 

出品者へ値引き交渉コメントをする際の注意点

メルカリで値下げをしてほしい商品を見つけた場合、出品者にコメントをして値引き交渉をしましょう。

コメントをするときに注意すべき事は「謙虚な気持ちで値下げをお願いすること」「具体的な金額を提示すること」「個人情報を書かないこと」「返信が来たらすぐ返事をすること」「出品者のプロフィールページを確認する」「リクエストは購入前にする」です。

 

 

謙虚な気持ちで値下げをお願いする

値下げを希望してコメントを残す場合、丁寧で謙虚なコメントを心がけましょう。購入検討者は、あくまでも相手が提示した金額に対して、値下げをお願いしている立場です。

「〇〇円でお願いします。」「〇〇円で即決します!」などの一方的なお願いはやめましょう。

お客さんだからといって横柄に接するのではなく、あくまでも低姿勢でお願いすることを忘れないようにしよう。あまりにもひどいコメントをすると返信がこないだけではなく、利用制限や退会処分にされる可能性もあります。

感情的になりそうな場合は、一度時間をおいてから投稿するなどの対策をしましょう。

返信が来た場合はちゃんと「返信頂きありがとうございます。」、値下げ頂いたら「値下げ頂き誠にありがとうございます。商品の到着おまちしています!」の一言をコメントするようにしましょう。

具体的な金額を提示する

値引きコメントの内容は曖昧にせず、明確でシンプルにすることが大切です。「お値引き可能ですか?」だけ質問すると、出品者が希望金額を聞き返さなくてはならないです。忙しい出品者の場合、そのやり取りを手間に感じ、コメントを返信せず放置してしまう可能性もあります。

値下げ交渉をするときは、出品者の手間が最小限で済むように、「はい」「いいえ」で答えられるような文面を心掛けよう。

「〇〇円にお値下げしていただくことは可能ですか?」と、具体的な金額を提示し、出品者とのコメントのやり取りを最小限にできるように心がけましょう。

 

個人情報はコメントしない

コメントを送る際に注意したいのは、コメント欄が不特定多数の人から閲覧可能であるということです。また、一度コメントを残してしまうと、出品者しかコメントを削除することができないです。そのため、個人な名前や住所、連絡先などの情報は絶対にコメントしないように注意しよう。

 

 

出品者のプロフィールページを確認する

出品者の中には、そもそも値下げ交渉自体を受け付けていないユーザーも存在してます。

出品者のプロフィール、もしくは商品説明の中に「値下げ交渉NG」などと書かれている場合、値下げ交渉をするのは控えましょう。

相手にブロックされてしまう可能性もあります。値引き交渉に自信がある場合は挑戦しても良いかもしれません・・

リクエストは購入前にする

購入の手続きが完了してしまうと商品に対する発送方法や価格変更ができません。商品に対するリクエストや質問は購入前に行い、お互いにストレスなくかつスムーズなやり取りを行いましょう。

値引き交渉のコメント例文

実際にメルカリで使える値下げ交渉コメントの例文を紹介します。
値下げ交渉をしたことがない人や、値下げ交渉が成功しにくいと感じている人、文章考えるのがめんどくさい人は、ぜひこの例文を参考にコメントしてみてください。

文章の構成は、以下のようにしましょう。

1.挨拶:「初めまして」や「初めましてコメント失礼します。」などの文章にしましょう。丁寧な言葉使いを心掛けましょう。
2.検討の有無:「検討しています。」「購入を考えています。」などの文章にしましょう。購入したいという意思をしっかりと伝えましょう。
3.交渉内容:交渉内容と具体的な交渉金額を提示しましょう。
4.閉めの挨拶:「ご検討の程、宜しくお願いいたします。」「ご検討いただけますと幸いでございます。」などの文章にしましょう。

また、コメントの文字数は、400字となっています。400文字以上打ち込むことはできるのですが、400文字を超えていると『取引メッセージを送る』を押した途端、すべてのメッセージが消えてしまいます。文章の量が多い場合は、2回にわけて送りましょう。

冷やかしのコメントではないと思っていただけるように丁寧な文章を心掛けましょう。

 

例文1:商品自体の値引きをお願いする例文

素直に値下げしてほしい旨を伝えましょう。

「はじめましてコメント失礼します。こちらの商品の購入を検討してます。~円にお値下げしていただくことは可能でしょうか?お手数ですが、ご検討いただけますと幸いです。よろしくお願い致します。」

 

例文2:まとめ買いをする事で値引きをお願いする例文

まとめ買いをする事で相手にメリットを感じてもらう方法です。

「はじめましてコメント失礼します。こちらの商品の購入を検討しています。また、別ページで紹介されている〇〇の購入も考えているのですが、併せて購入させていただく、一括での郵送につき2点併せて~円にお値引きしていただけますと幸いです。ご検討の程、よろしくお願い致します。」

例文3:セット販売は欲しい物だけをお願いして値下げを依頼をする

セット販売の出品物を値下げをお願いする場合の以下は例文になります。

「はじめまして。コメント失礼いたします。突然で申し訳ないのですが、こちらの商品を〇〇だけの単品購入をする事で、〇〇〇〇円にお値下げしていただくことは可能でしょうか? お手数おかけしますがご検討宜しくお願い致します。

例文4:継続的な顧客になる旨を伝え、値引きをお願いする例文

継続的な顧客になる事は、相手にとってもメリットがあります。以下のように値引き交渉してみましょう。

「はじめまして。コメント失礼いたします。突然で申し訳ないのですが、こちらの商品を500円にお値下げしていただくことは可能でしょうか? 次回も必ず他の商品を購入しますので、ご検討宜しくお願い致します。」

例文5:必ず高評価をつけるのでと、値引きをお願いする例文

評価が高い人は、信頼性があるので購入者に安心して購入されやすいです。高評価をつける事が値引き成功の可能性もあると思います。

「はじめましてコメント失礼します。こちらの商品ですが、購入しようと考えております。必ず高評価をつけるので、〇〇円値引きをお願いできないでしょうか。ご検討のほど、よろしくお願いいたします。」

例文6:他の出品価格との比較で値引き交渉をする例文

価格を他と比較し値下げを狙う方法です。

「はじめましてコメント失礼します。こちらの商品の購入をしようと考えておりますが、他のところで○○円ほど安く掲載してありました。評価など総合的に見たときに、そちらで購入したいと思っております。少しでも値下げしていただくことは可能でしょうか。ご検討のほど、宜しくお願いいたします。」

 

例文7:値引き交渉後しばらく売れていない場合に再度交渉する例文

難しい交渉にはなりますが、値引き交渉してNGな商品もしばらく売れていない場合は、再度交渉する事は相手のメリットにつながります。できるだけ丁寧に交渉しましょう。

「コメント失礼します。2ヵ月前にこちらの商品の購入を検討していまして、値引き交渉をお願いしました。その時は難しいとのお返事を頂戴しております。無理を承知でお願いしますが、改めて〇〇円の値引きをして購入する事は可能でしょうか。」

 

例文8:相手の出品目的を確認して値引きのお願いをする例文

なるべく相手の事を思っていますと伝わるような文章で値引き交渉をしましょう。

「コメント失礼します。出品理由を確認しました。引っ越しがあり早く処分したいとの事ですが、私も出品されている商品を大変気にいっています、〇〇円の値引きをして購入する事は可能でしょうか。お値引き頂いた場合にはすぐに購入致します。ご検討の程、宜しくお願いいたします。」

例文9:箱無しにした場合で値引きのお願いをする例文

商品が箱ありの場合は、箱がある事で配送料が高くなる場合があります。

なので、箱をなくす事でその分を差し引いてもらう値引き交渉です。

「コメント失礼します。本製品ですが箱があるとその分配送料がかかると思いますので、箱なしの場合で〇〇円の値引きをして購入する事は可能でしょうか。お値引き頂いた場合にはすぐに購入致します。ご検討の程、宜しくお願いいたします。」

例文10:所有ポイントで清算するため、値引きをお願いするコメント

ポイントだけを使って購入する時の文章の例になります。

「はじめまして。コメント失礼いたします。突然で申し訳ないのですが、こちらの商品を500円にお値下げしていただくことは可能でしょうか?現在500ポイント所有しており、そのポイントで購入させていただきたいと考えております。こちらの都合で申し訳ありませんが、ご検討いただけると幸いです。よろしくお願い致します。」

例文11:もう一度値下げ交渉をしてみる場合のコメント

値下げ交渉を断られた時の1つ目の対処法は、もう一度値下げ交渉をすることです。
ただし2度目の交渉の金額は、1度目に断られた金額より少し高い金額で交渉するようにしましょう。相手は1度目の金額では値下げできない意思表示をしているので、同じ金額で交渉しても見込みはありません。注意したいのは、無視されている方や値下げNGの方に再度交渉するのは控えましょう。また1度断ったのにまた交渉してきたということに不快感をもつ出品者もいるかもしれません。2度目の交渉をする時は1度目以上に丁寧な対応を心がけてください。

再度値引き交渉をお願いしたいです。その時は難しいとのお返事を頂戴しております。無理を承知でお願いしますが、改めて、前回のお願いしました〇〇円ではなく、〇〇円の値引きをして購入する事は可能でしょうか。」

 

例文8:相手の出品目的を確認して値引きのお願いをする例文

 

値引き交渉されたらどうする?

自分が出品した商品に値下げ交渉コメントがきた場合の対応です。

購入を検討している相手は、購入の意思があってコメントをしてきていることを忘れずに、丁寧な対応を心がけましょう。なお、出品者の断り方次第では、せっかく売れるはずだった商品が購入してもらえない場合もあるため、機会損失をしないように十分注意しよう。

 

出品者側の値引きのメリットとデメリット

出品者が値引きをするのとしないのでのメリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。

以下のそれぞれのメリットとデメリットを考えつつ値引き対応をしましょう。

メリット デメリット
値引きを応じる ・早く現金が手に入る
・他の商品も買ってもらえる可能性がある
・良い評価を貰いやすい
・部屋がスッキリする
・売上が下がる
・やり取りがめんどくさい
値引きを断る ・売上を維持できる ・売れない可能性が出てくる
・売れないと対策に時間がかかる
・部屋のスペースを使用してしまう

 

値引き対応する場合の例文

購入者の希望を受け入れ、値引きに対応する場合は、まずコメントでその旨を伝えましょう。
値下げ交渉コメントに対し、以下のような文章で返信しましょう。その後、商品ページで販売価格を変更し、購入者が手続きするのを待ちましょう。

「コメントありがとうございます。それでは、ご希望の~円で、お取引させていただきます。金額変更させていただきます。お手数をおかけしますが、ご購入手続きをどうぞよろしくお願いいたします。」

また、やり取りをしていた相手以外に購入されないようにするには、「専用出品」がおすすめです。専用出品とは、「出品者が指定したユーザー以外は購入できない」というメルカリの暗黙ルール。商品名を「〇〇様専用出品です」と変更することで、他のユーザーが購入することを防げる。購入者に「丁寧な出品者」という印象を持ってもらいやすいため、取引後の良い評価にも繋がりやすいです。

例文1.値引き額が難しい場合は値引き額を調整する

値引き対応する場合でも、値引き交渉額が難しい場合もあります。その場合は以下のようなコメントをしてみましょう。ポイントは期日を設ける事で、相手にお得感を出す事です。

「コメントありがとうございます。3,500円の値引きは難しいですが、本日中に即決頂けるなら2,000円値引きなら対応できますがいかがでしょうか。ご検討のほどよろしくお願いします。」

 

私はこの方法を使っています。
メルカリ 値引き交渉例

例文2.値引き額が難しい場合は、他の商品を提案する

どうしても値引きが難しい場合は、他の商品を紹介すると良いと思います。
以下のようなコメントをしましょう。ポイントは類似している商品を紹介する事です。

「コメントありがとうございます。〇〇は、申し訳ないですが値引きが難しいです。
同じブランドで同じサイズの〇〇でしたら、2,000円値引き可能ですがいかがでしょうか。ご検討のほどよろしくお願いします。」

例文3.値引きをする条件を提案する

ただ単に値下げを検討するのは、あまり良い状況ではないので値引きをする条件を持ち出してみるのも良いかもしれません。

以下のようなコメントをして参考にしてみてください。

例文1

「コメントありがとうございます。〇〇は、申し訳ないですが値引きが難しいです。
他の商品とあわして購入頂くかまたは、同じ商品を2つ以上購入頂けるのでしたら、〇〇〇円値引き可能ですがいかがでしょうか。ご検討のほどよろしくお願いします。」

例文2

「コメントありがとうございます。本製品は箱ありだと値下げが難しいですが、箱なしだと配送料が下がりますのでその分の〇〇円値下げする事が可能ですがいかがでしょうか。ご検討のほどよろしくお願いします。」

例文4.気持ちだけ値下げする

気持ちだけ値引きしてほしいと話があった場合は、少しだけ値引きをしてあげましょう。

売る商品の金額にもよりますが、数%程度の値引きをしましょう。

以下のようなコメントをして参考にしてみてください。

 

1万円の商品の例
「コメントありがとうございます。そうしましたら、気持ちだけお値引きさせて頂きます。9,800円でご検討のほどよろしくお願いします。」

例文5.相手から具体的な金額提示がない場合

以下のようなコメントをして参考にしてみてください。

ご連絡(コメント)ありがとうございます。〇〇円であれば、お値下げ可能です。ご検討よろしくお願いいたします。ご購入いただけるようでしたら、コメントをお願いいたします。

 

値引きを断る場合の例文

メルカリの値下げ交渉は、あくまでもユーザー同士が任意で行うやり取りです。

そのため、出品者に値下げの意思がない場合は、値下げ交渉を断ることは可能です。
値下げ交渉コメントに返信する際は、以下のように今は値下げの意思が無いという意思が伝わるようなコメントを送りましょう。

「コメントありがとうございます。大変申し訳ございません。値下げをするつもりはございません。」
「コメントありがとうございます。大変申し訳ございません。現時点での値下げは考えておりません。現行の値段で検討いただけますと幸いです。」
「コメントありがとうございます。大変申し訳ございません。価格設定がギリギリの為、現行の値段で検討いただけますと幸いです。」

よく上記のようなコメントのやりとりを見るケースも多いと思います。必ずしも値下げを了承する必要はないです。

値引きコメントがひどい場合

値引きコメントがあまりにもしつこい、誹謗中傷、いたずら的なコメントの場合は、
メルカリに連絡をしましょう。

※メルカリへの連絡方法

メルカリの通報方法

①購入者検討者のコメントの旗マークをクリックします

➁報告理由を選択項目から選びます

➂問い合わせ内容を具体的に記入します。

④「事務局に報告する」をクリックして完了です。

値引き交渉をされるのがめんどくさい場合

値引き交渉をされるのがめんどくさい場合は、プロフィールに「値引き交渉NG」と記載するか、商品の説明の箇所に「値引き交渉NG」の文面を記載しましょう。

「価格設定をギリギリで設定しています。」、「現行の値段で検討お願い致します。」との言い回しでも良いかもしれません。

また、断るのが苦手な方はある程度、商品価格を高めに設定しておきましょう。

値引き交渉が成功した後の購入の仕方

値引き交渉が成功した場合は、出品者の価格変更を待ちましょう。

価格変更が終了した後に、「分けて支払う」、「購入手続きへ」から購入をしましょう。

メルカリ商品購入画面

※出品者が価格変更をしてくれた場合は、なるべく早く購入をしましょう。

2~3日たっても購入しないのはマナー違反です。

値引き交渉以外に安く購入する方法

メルカリでは、値引き交渉以外に安く購入する方法があります。以下で紹介します。

キャンペーンやクーポンを利用する

メルカリが定期的に行うキャンペーンやメルカリ内で発行されるクーポンを利用しましょう。

また、メルカリ以外のフリマアプリを使用して安い商品を見つけたり、還元率の高いクレジットカードを使用して、購入すると安く購入が可能です。

注意しないといけないのは、メルカリで用意された以外の決済方法を促すのはNGになりますので、そこは注意が必要です。個人情報の流出と悪用の可能性もあるので注意しましょう。

狙っている商品をフォローかいいね!をしておく

狙っている商品があった場合には、ユーザーをフォローするか商品にいいね!をしておくと、フォローの場合は毎回チェックする手間が省けるようになります。いいね!の場合は、価格の変更があった場合にメルカリから通知がきます。わざわざ値引き交渉をしなくても値下げしてくれた後に購入する事が可能です。

しっかりと価格変更後にメルカリから通知がくるように設定しておきましょう。

コメントのやり取りが苦手なら「希望価格の登録機能」を使う

メルカリの「希望価格の登録機能」は、ユーザーが特定の商品に対して自分の購入希望価格を設定できる便利な機能です。顔の見えない出品者とのコメントのやり取りが苦手な方や交渉をスムーズに行いたい方は、ぜひ活用してください。

「希望価格の登録機能」でできること

この機能を活用すると、商品の価格がユーザーが設定した希望価格に達した際に通知を受け取ることができる。ユーザーは常に市場の価格変動を把握しやすくなり、欲しい商品を最適なタイミングで購入することが可能だ。また、この機能は特に人気の商品やレアアイテムを狙っているユーザーにとって、競争が激しい市場で有利に立ち回る事が可能です。

以下の条件の際には、「希望価格の登録」のボタンは出てこないので、注意してください。
・1,000円以下の商品
・すでに値下げ済みの商品
・メルカリshopsの商品
・SOLID OUTの商品

禁止事項

メルカリの値引きでは禁止事項があるので、しっかりと確認しましょう。
以下に箇条書きでまとめます。

 

・お互いの商品を値下げして、購入しあうこと
・一方が商品の差額のみを支払い、お互いの商品を交換すること
・支払いを行う前に出品者に発送を促す事
・誹謗中傷やいたずら行為(いたずら注文など)、なりすまし行為

まとめ

・値引き交渉は丁寧な対応を心がけましょう。

・お互いが気持ちよく取引できる事が両者のメリットにつながる

・メルカリの特典、クレジットカードの還元率を利用して、安く購入が可能

・禁止行為には注意しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました