楽天モバイルはなぜ安い!?安い理由を紹介

rakuten-mobile

 

今回は、楽天モバイルが他の通信事業者より安い理由についてです。

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

スポンサーリンク

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、楽天グループの電気通信事業である楽天コミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMサービスです。2014年10月に開始され、当初は、NTTドコモの3GおよびLTEのネットワークを利用しています。

現在は、ドコモ回線とau回線を利用していますが、2019年10月以降から、徐々に自社回線(MNO)への移行をしています。

楽天モバイルの費用について

楽天モバイルは、月額料金が安いことでも評判です。
月額料金はデータ容量3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、それ以上の場合はデータ容量無制限で3,278円になる従量課金制です。

また、通話に関しても通話アプリ「Rakuten Link」を使う事で無料で通話が可能です。
海外で使用する場合は通信データは2GB/月まで無料になります。

 

 

そのほかで無料なもの
・契約事務手数料
・契約解除料
・MNP転出手数料
・SIM再発行手数料

他社キヤリアと比較した場合

楽天モバイルを他社と比較した場合以下のようになっています。

通信量無制限で比較した場合は、他社と比較して圧倒的に安いです。

キャリア プラン 料金(税込)
ドコモ 5G ギガホプレミア 7,315円
au 使い放題MAX 5G 7,238円
ソフトバンク メリハリ無制限 7,238円
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 3,278円

通信量20GBで比較した場合は以下の通りです。

キャリア プラン 料金(税込)
ドコモ ahamo 2,970円
au スマホスタートプラン 5G/4G 契約から1年間:2,728円
2年目以降 :3,916円
ソフトバンク LINEMO 2,728円
SONY NEOプラン 2,699円
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 2,178円

通信量3GBで比較した場合は以下の通りです。

キャリア プラン 料金(税込)
ドコモ irumo 2,167円(割引を適用した場合:880円)
au スマホスタートプラン 5G/4G 契約から1年間:2,728円
2年目以降 :3,916円
ソフトバンク データプラン3GB(ケータイ) 1,650円
SONY VSプラン 月額基本料金
データ通信SIMの場合:627円
通話アリの場合:792円
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 1,078円

他社の様々なプランと比較しても安い事がわかります。

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

 

安い理由について

楽天モバイルの安い理由について、以下で紹介いたします。

仕組みの違い

楽天モバイルは「MVNO(仮想移動体通信事業者)」としてスタートしました。
そのため、通信インフラを整備するコストが他社に比べて、安価に提供する事が可能です。

MVNOは、自社で移動体通信ネットワーク(例えば基地局など)を持たずに、どなたの移動体通信事業者(MNO:Mobile Network Operator)からネットワークインフラを借りて、サービスを提供する事です。

競争戦略

楽天は、ドコモ、ソフトバンク、auと競争するために、価格競争戦略を採用しています。
低価格で顧客を引き付け、サービスの質や顧客サポートを充実させることで顧客を獲得しています。

楽天の他の事業との連携

楽天は通信事業だけでなく、オンラインショッピング(楽天市場)や金融サービス(楽天証券、楽天銀行など)など様々な事業を展開しています。そのため、他の事業との相乗効果を活かして、通信サービスを低価格で提供できる余地があります。
楽天市場でたまった楽天ポイントを通信料金に利用する事ができたりするので、コストパフォーマンスを高める事が可能です。

※楽天モバイルを契約すると楽天市場で購入する際のポイントが通常の5倍になります。

効率的な運営

楽天はデジタルテクノロジーを活用した効率的な運営を行っています。自社のITインフラやプロセスを最適化し、コストを削減しています。

例えば、以下です。

1.楽天は、モバイルバックホールとなる伝送ネットワークは、5Gで必要な容量と規模を当初から考慮して構築を進めています。その為、このネットワークはIPv6をベースとしているため、超多数接続が可能となり、高価でオペレーションが複雑なアドレス変換機の設置が不要となりす。

2. ネットワークオペレーションの全自動化
ネットワークインフラストラクチャの構成要素とサービスは、初期設置と継続的な運用においてすべて自動化されます。これにより、従来のオペレーターと比較して必要なコストや工数を最小限に抑制することが可能です。また、自動化により、人的ミスを避け、問題の迅速な解決や自動修復なども可能となります。

3.オープンで仮想化かつ分散化された無線アクセスネットワーク(vRAN)
楽天モバイルでは、無線アクセスネットワーク(RAN)内のハードウェアとソフトウェアを分離しています。そのため、アンテナと無線機だけの非常に小規模な基地局サイトの構築が可能となり、基地局設置場所の自由度が上がりコストが削減可能です。また、仮想化RAN(vRAN)によって周波数効率が向上し、オープンAPIで実現されるマルチベンダーエコシステムやスケーラビリティによって、コスト削減に繋がります。

これらの要因が組み合わさり、楽天モバイルが他社より安価なプランを提供できる理由となっています。

店舗が少ない

楽天は店舗数を最小限に抑え、人件費や家賃のコストを削減する事で、料金プランを安く提供をしています。
他のキャリア店舗と比較すると店舗数は10分の1と言われています。

使用してみた感想

私自身、楽天モバイルを使用して、毎月の月額利用料も下がる大満足です。

ただ、気になっている欠点でいれば、ソフトバンクやドコモのキヤリア回線と比べて、

地下や建物の中や山奥のキャンプ場などでは、電波が弱くなることがあり、そこだけが懸念点としてあります。

今後の楽天回線の改善には期待したいです。

まとめ

・楽天モバイルは、沢山インターネットを使用する人にオススメ
・電波は他社キヤリアとくべてて、少し弱い。
・通信量が無制限の場合、他社と比較してかなり安い。

 

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

タイトルとURLをコピーしました