ドコモhome5Gは wifi6に対応しているの!?

wimax

今回はwifi6にWiMAXが対応しているかについてです

 

スポンサーリンク

WiMAXはWifi6に対応しているかについて

WiMAXは、wifi6に対応しています。対応機種はホームルータータイプです。

※対応機種
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11

 

また、4×4MIMOや256QAM、キャリアアグリゲーションに対応しています。
5G通信にも対応しています。

 

また、WiMAXは5G対応、Wi-Fi6(11ax)対応しておりますが、
5Gで通信可能なエリアであり、かつ家が電波が入りやすいかどうか、Wi-Fi6(11ax)対応機種でないと速度の向上を体感できないので、注意が必要です。

WiMAXは下り最大速度2.7GbpsにはWi-Fi6(11ax)対応機種が必要です。

また、接続台数も最新機種が増えています。昔の機種を使用している人は最新機種を使用する方が通信環境は充実します。

 

 

Wifi6とは

wifi6(11ax)とは、通信規格であり、2019年以降にできたものです。

wifi6は6番目のWi-Fi規格で、今までのWi-Fiと比べて「高速」「混雑に強い」「省エネ」という3つの特長が挙げられます。

周波数は、2.4GHz帯/5GHz帯に対応しています。

 

wifi6は高速

最大通信速度は、9.6Gbpsと通信規格の中でもっとも速いものになっています。(wifi5は、6.9Gbps程度)

 

wi-fiの通信規格表

5GHz規格表

現在のインターネットにおける動画やゲーム、WEBサービスなどは、大量なデータを送る事が多いです。

映像やデータ表示の遅延が起こらない高速なネットワーク環境が求められています。そんな中、Wi-Fi6は以前の規格であるWi-Fi5に比べ、最大通信速度が約1.4倍も高速です。

 

wifi6は、同時接続の混雑に強い

最近はIOTなどの普及で、インターネットに接続するものが増えてきました。

多数の物がインターネットに、常時接続するせいで、回線が混雑してしまい、
スピードが遅くなることが起きてしまいます。

ですが、wifi6は新しい技術(直交周波数分割多元接続(OFDMA))を使用しているので、同時接続に強くなっています。

 

※WiMAXの接続台数

機種 接続台数
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11
最大40台
最大30台

 

wifi6は省エネ

Wi-Fi6ではTWT(Target Wake Time)という技術を活用することで、接続している側の電力を抑える事が可能になっています。

通信のタイミングをコントロールを行い、通信する必要がない時は子機側をスリープモードにします。

結果省エネにつなげる事が可能です。

 

他のホームルーターでも対応済み

現状のホームルーターでは、「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」、「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」機種以外でも、

ソフトバンクエアー4以降の機種とドコモhome5Gもwifi6に対応済みです。

まとめ

・WiMAXはwifi6に対応している。

・基本的に自動で通信規格は変更される

・他のホームルーターもwifi6に対応している

タイトルとURLをコピーしました